モザイクタイルの魅力を知ってしまったら、生活にも張りとツヤが光ってくるかも

自分だけの空間を大切にするには、モザイクタイルが役にたつよ!

アクセントとしての使い方もアリだよね

例えば、いつも使っている家具や壁の一部にアクセントとして貼ってみるのはいかがでしょうか。
いろんな種類のモザイクタイルで、その季節の気分に合わせてみるといいかもしれないですね。
そういえば、昔の日本の暮らしでは、季節によって室内の建具を変える地域もあったと聞いたことがあります。
冬は風を通さない党にし、夏は風通しが良い建具にしていたとか。そう、暮らしの衣替えですね。
このように季節感を味わえるかどうかは別として、日常の暮らしを楽しむことは、自分なりにして、日常を楽しむことは大切だと思いませんか。
建具を変えるというような大げさなことをしなくても、ほんの少しダケアクセント的にモザイクタイルを使うという方法もありますよね。

水で拭けると言う機能を重視

簡単に晴れて、手入れも楽チン。こんな便利なモザイクタイルを使わない訳は見つからないよ、と思うのは私が単純すぎなのかしら。だって、水拭きができるとなると、シミになりそうな場所にも使えるよね。例えば、トイレや洗面所の壁に貼ったり、また、キッチンの流し台と壁との隙間を作らないように貼るという方法もあるもんね。

また、リビングの壁など、子供が汚れた手で触れそうな場所にも貼ることができるんじゃないかな。
家具に使ってもいいかもしれないですね。
邪道と非難されるかもしれないけれど、鏡にアクセントとして貼るのも面白いかな。それでも、部屋の主が快適なキッチンになったりテンションが上がるのであれば、いいよね。
また、自宅の一室を撮影室にするために貼るっていう使い方もあるかな。
また、ドアの内側になら貼れるよね。外側なら共用部分だとかで手を加えることができないけれど、内側ならOKだもんね。